今年の目標は「しない家事で生きやすい世の中へ」

あけまして、おめでとうございます。今年もエコナセイカツをよろしくお願いします。去年の目標は「伝わる力をつける」でした。この2年で講演した数は100回を超えました。さすがに伝える仕事は慣れました(笑)が、心に響いたか、その後行動に移せたかはわからず。伝わっておりますでしょうか?

アンケートに書いて下さる励ましのメッセージは一つ一つしっかり読ませていただき、あぁみんなこんなことを感じているんだと勉強させてもらっています。セミナーでお会いして下さった皆さん、ありがとうございます。みなさんからいただいた感想を更新しました。

今年の目標は「しない家事で生きやすい世の中へ」です。ここ数年メディアを通して、家事しなくていいよとか家事やめていいよって頑張りすぎちゃう人に伝えてきましたが、そろそろ世の中の思考を本気で変えていきたいなと思っています。

私の夢は、家事がキライな人も生きやすい日本にしたいのです。単純に、私が家事がキライだから、仲間が増えたらもっと生きやすい日本になるだろうなと(笑)今すぐは無理でも娘たちがママになるぐらいまでには間に合わせたいのです。

今までは、「お料理が好き」「お片づけが好き」「お掃除が好き」という人が主婦の理想とされ、称賛され、注目をあびる時代だったと思います。日本では主婦たるもの「家事が嫌い」って声を大にして言ってはいけない雰囲気さえありました。本当は苦手だけど、何となくうしろめたさがあって、たぶんみんな隠してたよね。

それが、2016年に私が「しない家事」という本を発売してから、世の中の流れがあきらかに変わったなと実感しました。発売後は取材が殺到し、主婦雑誌はこぞって「しない家事」を特集して下さり、しないブームがおこりました。

本当に嬉しかった。私がやってきたこと、発信してきたことは間違いじゃなかったんだと確信したからです。

子どもに取材されて、私がやってる家事はそんなに種類がないなと気づいた。みんなどんだけ先の見えない家事に苦しんでいるんだろう。(6歳の誤字脱字は大目に見てね)

共働き世帯を増やし、保育園を増やした日本には、この「しない家事」という思考は絶対に必要になってくると思ってました。

だって、労働人口が減ってるから女性も働いてほしい、少子化だから子どもを生み育てほしい、って全負担はママにくるじゃん。

私と同世代のママたちは、親世代の肝っ玉母ちゃんのようにパーフェクトじゃないんだよ、もうパンク寸前だったんだよ。

だから、私は人よりも手を抜いて家事をしてないんです!って、書籍という影響力があるメディアで堂々と宣言した。一般的には、書籍を出す人=お手本の人になるわけで、そのお手本となる人が、家事が苦手だから「しない」を選択している。そんな時間があるなら昼寝したいと言っている。土曜日のランチはカップラーメンの日があってもいいよねと言っている。

ここ3年でずいぶん家事キライですってカミングアウトしてくれる人増えましたよね。家事しない派の仲間が増えて、めちゃくちゃ嬉しい。書籍のラインナップも雑誌の特集も家事がキライな人に優しくなった(笑)

だから、みなさんの思考は家事をしないっていう選択肢アリだよねって定着しつつありますよね。好きな家事はすればいいし、苦手な家事は無理にやらなくていいと。

本屋さんで家事コーナーの本を買う人、主婦雑誌を読む人は意識高い人たちです。気づいてないかもしれませんが、このブログの読者のみなさんも意識は高いほうなんですよ。行動に移すかどうかは別ですけど。そんな皆さんにはブログや10冊の出版した本を通して、伝えまくったので私は超満足してて、今後はその先の人たちに伝えていかなきゃなと思っているんです。

世の中には、家事をどう時短するかなんて意識したことないから、目からウロコな情報が落ちていることを知らない人たちがいっぱいいます。

自分がなぜこんなに家事に振り回されているのか意識できていない人がこんなにもいる(働いている会社の後輩がアウトプットしてくれた資料より)

そういう人たちにアプローチしなれば日本は変わっていかないと感じています。そのためには主婦が使うであろう商品を開発するメーカーの思考を変えていかなければいけないのです。

これからは、「私、家事してないのよ!」を堂々と言えちゃう人がデキル主婦、理想の主婦の時代にしたい。「まだその家事してるんだ!」=「まだガラケー使ってるんだ!」みたいなイメージです。しない家事の第一人者として、家事しない=効率的でカッコイイ!マネしたい!と、日本の家事の意識改革をやり遂げたいと思っています。

現在発売中のリンネルで抱負語ってます。
着々と準備進めてます。

スーパーで買い物する時間があるなら、家族そろって食卓を囲んでほしい。

掃除機がけしてる時間があるなら、子どもと目を合わせて会話して欲しい。

洗濯物畳んでる時間があるなら、コーヒーでも飲んでリラックスしてほしい。

それが私の心からの願いです。世の中のママたちが家事なんかに心と体力を使わずに、もっともっと大切なことに心と時間をさけるような日本にしていきたい。

それが「心の豊かさ=幸せ」につながっていくと信じています。

ただそれは、私1人ではできません。読者の皆さんの応援だったり、メディアの皆さんの発信だったり、メーカーの商品開発だったり。だから、ぜひご協力下さい。みんなが生きやすい日本にするために、ブチかましていきましょう!!

さぁ、しない家事の国へ。

20件のコメント

  1. マキさん、こんばんは!毎回、ブログ楽しみにしています!
    しない家事という、言葉を聞いて、私、心が軽くなりました。

    あれもこれも、考え出すと色々家事増えますよね…!

    少し前まで、私もパンク寸前でした。というか、パンクしてました。(笑)
    夫にガミガミ、もっと手伝ってほしいと伝えたり、ママはやることいっぱいあるんだから‼️と子供たちに怒ってしまう毎日…!

    マキさんのやり方、お手本にしてもう少し軽くこなせるようにがんばります!!
    ありがとうございます!

    1. くるみんさん
      コメントありがとうございます!パンクしますよね〜現代社会だと当たり前ですよ。でもくるみんさん、今気づけてよかったですね!ラッキーです。
      これからいくらでも変えていけるじゃないですか。
      しない家事を増やすことで、旦那に手伝ってもらわなくても回るようになるし、子供たちとの時間も作れるし、なんなら家事が簡単になるから、旦那も子供もできるようになっちゃうんです。
      自分で勝手にハードル上げて複雑にしているんじゃないか?と疑ってみて下さい。もっとシンプルにしていくことで家事は激減しますから!

  2. 家事が苦手で特に料理は下ごしらえが大っ嫌いです。仕事柄、私は栄養士さんと話す機会が多いので適量の話だったり栄養価の高い野菜について教わり、こんなに無駄に下ごしらえして腐らせてたんだと。大切な時間も腐らせてたことに気付きました。フルタイムで育児しながら家事すると下ごしらえも家族以上の量をやるのが苦痛。腐らせたときの、あの旦那の、「またやったんか」という視線。残り物を食べてメタボになる無駄な脂肪。もう、うんざりです。私はご飯のメニューを考えるのも嫌いなんでメニューが決まった人数分の食材が届く宅配のやつにしてます。料理は嫌いで苦手な家事なんだけど成長期や家族の健康には必要なんで栄養不足に気をつけて栄養のことも勉強しながら宅配などで人の力を借りようと決めてます。マキさんの「しない家事」と言う言葉にいつも勇気づけられてます。

    1. あみこさん
      初めまして、コメント嬉しいです。
      私の食のゴールは元気で健康な体を作ることなので、同じ量でより栄養がとれる食材を選んで食べるようにしています。子供が少食なので、ちょっと食べるだけで体にヒットするものを。本当にちゃんとした食べ物って大事だな〜と思っていて、子供も風邪ひかないし、それって最高の時短につながると!おいしいもの=体に良いものとは限らないので、家族のために見極める力をつけていけたらなと思います。

  3. いつもブログの更新楽しみにしています。4年前に長男出産後にマキさんのブログに出会い、マネできることをどんどんマネしていくうちに、家事にかける時間が激減しました。朝食をワンプレートにする、トマトではなくミニトマトを買ってあらかじめ洗ってタッパーに入れておく、など、ひとつひとつは簡単なことだけど、家事がすごく楽になりますね。今0歳児も育てていますが、すごくゆったりとした気持ちでイライラせず子ども達と接することができているのは、マキさんのおかげです。周りのママにもブログや本をおすすめしてます!
    いつか広島でも講演していただけると嬉しいです(^^)

    1. さゆりさん
      おはようございます!コメント嬉しいです。
      そうなんですよ〜育児は終わりないけど、ちょっとした工夫で、家事量って激減するんですよね。家事嫌いなんでチャチャッと終わらせたいんですよね。
      お母さんに余裕があると、俄然子育て楽しめますよね。好循環スパイラルですね!お友達に進めていただきありがとうございます。仲間が増えた気分です。広島いつか行けるといいな〜

  4. はじめまして。
    マキさんのこの記事を読んで私の心の奥が震えています。

    マキさんの「しない家事」を読んで、「やめていい家事」を読んで、「しない料理」を読んで、めんどくさがりで不器用な私が、ワンオペ育児で家事ができない事に悩み続けてた私は、マキさんの言葉で確実に変わりました。
    あんなに出来ない、回せないと嘆いていて自分を責めていたのに、家事がスルスルと回り始めています。

    家事できる人に憧れて、できない自分を受け入れる事ができなくて。でもそんな私が変わり始めたのは、マキさんの本と出会えたからです。

    ひと昔前、雑誌はこぞって「丁寧な暮らし」の特集をしていましたね。
    その時は、どうあがいても、その足元にも及ばない自分を責めていたしがっかりもしました。

    だけど、これからは家事にかける時間をグッと減らして、妻・ママ・仕事・「自分!」のバランスをとっていく時代になっていくのかもしれませんね。
    いや、これだけこなすには家事の時間や手間を減らさないとやっていけない

    だから皆んなが感じている様な痒いところに手が届く商品や、当たり前を変えていく事は必要不可欠なんだと思います。

    私も直接中まで洗える水筒がなぜ少ないのか本当に疑問です。水筒の中は手が入らないから水筒用のスポンジに持ち替えて毎日4本洗うのは結構面倒です。他の洗い物と同じ様にジャクの様に洗えたら楽なのにと思います。

    すみません、マキさんの記事に共感し過ぎて長くなりました

    うまく言葉に出来ずすみません。
    マキさんのおかげで確実に変わった1人がここに居て、マキさんのこれからも本当に必要だと心からそう思ってコメントさせて頂きました。
    これからも応援しています

    1. haraさん
      初めまして、コメントありがとうございます。
      私もharaさんのコメントで心が満たされました。あぁ、私には応援してくださる方がいると。共感してくださる人が1人でもいるとすごく心強いんです!
      あ、水筒問題ですね!確かに持つ側の気持ちのみで、洗う側の主婦の気持ちメーカー側は一切無視してますよね〜(笑)メーカー側の思考を主婦目線に変えていければママが生きやすくなりそうですよね^^そのために一肌脱ごうかと・・・!
      ちなみに、私は水筒用のブラシは持っていません。つまり底まで洗っていません(笑)これは推奨されていない、自己責任の方法ですが、キッチン泡ハイターをシュシュっとかけて、水をたっぷり入れて1晩放置しておくんです。そうするとスッキリしますよ〜(メーカー側はやらないで!って書いてあるのであくまでも私のやり方です)
      あと、麦茶のような濃いめのお茶を作らないことです(笑)今はルイボスティーのグリーンティーを作ることが多いのですが、色が薄い緑なので、茶渋がつかないですよ!
      私、小さなアイディアはいっぱい持ってます〜
      あと、ディーンアンドデルーカのスープポットは丈が低いので底まで洗えますよ。スープ入れで売ってますが、私はホットコーヒーとか入れてます。

コメントする

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。