テレワークという働き方

テレワークという働き方を知っていますか?

辞書によると、情報通信機器を利用して、自宅や会社以外の場所で事業所から任された仕事を行う勤務形態。

つまり、好きな場所で会社の仕事をすることです。

ゆるく暮らすのアザーカット ph:hiroshihayashi

現在、東京都では小池百合子都知事のもと、働き方改革に力を入れています。

小池知事のメッセージ – TOKYO働き方改革宣言企業

東京都は、女性の活躍推進だったり、多様な勤務形態の実現に向けて、助成金を出してくれます。

制度に興味ある方はこちら(企業向け)→女性の活躍推進等職場環境整備助成金を新設|東京都

その多様な勤務形態の1つに、テレワークという働き方があります。

テレワークは、勤務時間や勤務場所を固定しない柔軟な働き方で、仕事と子育て・介護等の両立がしやすいので、一部の人にとってはとても素晴らしい制度だと思います。

拙著「ゆるく暮らす」の中でも、テレワークという働き方にふれています。

ワタシは今年から、会社側の提案でテレワーク制度の利用をはじめました。

ワーキングマザーとして常日頃から感じているのは、働くママの職場環境はもっと柔軟だと嬉しいな、と思うのです。

朝起きたら子どもが熱で、急に休まなければいけなくなった。

保育園で子どもがギャン泣きして会社に遅刻した。

なんでぼく・わたしは学童なの?と子どもに聞かれたことがある。

これらワーキングマザーあるあるだと思います。

もうこんなんじゃ会社にも迷惑かけるし、自分の体力的にも精神的にも、会社辞めたら楽になるかな?って思っちゃいますよね。

ワタシもそう思ったこと、1回じゃないですよ。何回も1人で葛藤しました。本当に辛くて泣けてきます。

約10年前、妊娠したことを会社に報告するとき、復帰すると決めたワタシは珍しい存在でした。みんな妊娠したら辞めていた会社で初めて産休、育休を取得しました。

当時、働くママは、今ほどメジャーじゃなかった。100人以上いる会社で同時期に復帰したのはたった2人。

でも、今は働いてるママをたくさん知っています。

この10年で日本はずいぶん変わりました。ママが働ける環境が当たり前になってきたと実感しています。

きっときっと、あと10年経ったら、テレワークも当たり前の働き方になると思うのです。

たぶん今だと、家で仕事する=フリーランスだと思っている方、多いと思います。

でもワタシは正社員で会社員ながら、オフィスに出勤せず、自宅やカフェなど、そのときどきの都合の良い場所で仕事をし、クライアント先に直行直帰することができます。

看護師さんとか、販売員さんとか、難しい職種もあるかと思うのですが、仕事によってはわざわざ会社に出勤せずに家でできる職業もある気がしています。

月〜金、フル出勤しなくても週1、2日だけ在宅ワークの日を作るというパターンもありだと思います。

小学校から帰ってきた子どもに「おかえり」と言ってあげられる。

通勤時間だった時間で、家事や夕飯作りができる。

昼休みに近所の公園にジョギングに行くことができる。

これは、未来の話でもなんでもなく、実際にワタシがテレワークをしたことで手に入れたこと。

お読みの皆さんも、もしかしたら会社に交渉することで働き方を変えることができるかもしれません。

自分にとってのベストな働き方を、会社任せにしないでほしい。働き方はもっと自由でいいと思います!

働く場所は従業員が選ぶ。リクルートが「未来の働き方」を選択した理由 | ライフハッカー[日本版]

「正直、リモートワークってどうですか?」リクルートで働く4人の従業員の本音 | ライフハッカー[日本版]

本業の広告代理店の仕事では、テレワークという働き方を企業様に提案しています。

多くの企業がテレワークの存在に気づき、導入すれば、幸せになる人が増えるかもしれない。そこで働くママが仕事を辞めずに、持ってる力を発揮してくれるかもしれない。たくさんのテレワークママが活躍すれば、10年後はもっと子育てしやすい世の中になっていくと思うから。

サイボウズのような考え方の会社が増えてくれるといいなぁ。社長の僕が、率先して会社に通勤するのをやめてみたら? | サイボウズ式

導入検討している企業様!いらっしゃれば、渋谷ヒカリエでセミナーありますのでぜひ→7月7日(金)開催|セミナー開催『4社の人事が本音で語るテレワーク導入への取り組み&総務省によるテレワーク・デイ解説』 | テレワークマネジメント

ーーーー

今日は、高州地区文化センターにお越し下さったみなさま、ありがとうございます!

www.econaseikatsu.com

お土産にお配りしたみかん缶と素精糖のオススメの使い方はInstagram(下の写真)ご覧下さいね。

9件のコメント

  1. あやななさん
    こんばんは、お会いできて嬉しかったです!リサラーソンのめちゃくちゃ可愛い風呂敷も大切に使わせていただきます^ ^
    にんたまじゃがは節約の味方ですが、時短の敵です(笑)ちゃんと理由を落とし込んで使い分けできるようになると、買い物次第で時短料理は叶うはずです!
    今回の講座を通してメニューありきじゃなくて素材ありきで考えれば献立を考えるというストレスが手放せることを実感していただけたんじゃないかと思ってます!

  2. ぴこまめさん
    こんばんは、コメントありがとうございます!先輩ママさんからのコメント嬉しいです!
    そうですね、今私たちができることを精一杯したら未来は少しずついい方向に進んでいくと思っています。まわりまわって娘たちが社会に出たとき、今以上に女性が活躍できる世の中になっていてほしいなぁと心の底から思います。一緒に未来を変えていきましょうね〜

  3. マキさん、講演会ありがとうございました。食材選びから、時短ははじまってるんだなー、と考えさせられました。
    食費の予算の中で、どうしても「にんじゃがたま」を常備しちゃってましたが、無しにしてみるのもアリなんだな、と感じました。
    献立作りに 1番時間をかけてるかも!と思い、パターンを決めてしまうやり方、是非参考にしたいと思います。
    初めてマキさんにお会いしましたが、本当可愛くてこんなママだったらいいなあーと思いました♫ 雰囲気はホンワカしてるのに、判断が早いというか、迷いがないんだな、と感じました。見習いたいです!
    素敵な1日をありがとうございました。

  4. マキさん、こんにちは。
    いつも、楽しく読ませていただいてます。
    我が家にも、マキさんと同じく女の子か2人います。
    12年前に長女を産んで職場復帰した時は、「会社って男性社会だなぁ」と、ひしひしと感じたものです。
    会社にフレックスタイム制があったので、使いたいと申し出たところ、、、「前例がない。」と、一蹴(^_^;)
    保育園の延長保育枠に入れなかったので、通常保育のお迎えに間に合わない、と訴えても、「それは、お前が保育園と交渉すべきことだ。」と言われ、悔しくて泣きましたね。
    今は、会社にママたちが増えたし、時代の流れもあり、フレックスを使う人も増えましたが、まだまだだと感じています。
    女の子の母親として、将来、子供たちが働きやすい環境を得られるよう、自分も頑張っていくぞ!と、毎日思っています。
    テレワーク、広がるといいですね。

コメントする

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。