夏休みももう残りわずかとなりましたね。小2の次女がこの夏やっていた学習法についてまとめておきます。
その名も「自立ファイル」。夏休み期間中、娘が毎日やるべき学習は決まっているので、親がいちいちチェックしなくても自分で管理し、抜けもれなくやってもらうための方法です。

女子だから見た目も大切。馬が好きなのでユニコーン柄のかわいいファイルを購入

  

文房具屋さんにいけば、かわいいのいっぱいありますよね〜もちろん男子ウケする柄も。「ジップファスナー付6ポケットA4クリアファイル」って検索すれば出てくると思います。

まず、毎日何をしなければの「見える化」です。小2なので、基本的には算数と国語だけを家庭でフォローすれば十分だと思っていて、特に今年はヒマをもてあそんでることですし、毎日5つのことをやると決めました。

1、公文(習い事で出ている宿題)

2、百マス計算(足し算・引き算)を1枚ずつ。今は2分台前半ですが、目標は1分台!クラスのお友達で1分切ってる子がいて。毎日やるとタイムにブレはありますがちょっとずつ早くなります。休校に入った3月ぐらいからずっとやっているんですが、最初は5分台とかでしたので。とにかく計算の基礎がためをないがしろにしてはいけないと思っています。(上の子の様子をみていると高学年になって苦労します)

3、6さいのニュースは毎日小学生新聞に毎日掲載されている6歳の子でも読めるニュースです。(フリガナが書いてあるのと、内容がやさしいので、7歳の娘でも読めます)初めて目にする文章を読むという訓練です。最初は全然つっかかって読めなかったけど、半年ぐらいやってたら、結構スムーズに読めるようになってきました。

4、漢字プリント(自主学習)夏休み前に2年生で習う漢字が動画授業で終わってしまったので夏休みはひたすら復習です。

5、日記。寝る前に今日あったできごとをまとめて、文字に落とし込む力をつけるため。夫の提案で私以外の3人(夫・長女・次女)が日記を毎日書いています。

私も小学生〜中学生にかけて3年日記を書いていたから文章書くのが嫌いじゃないのかも。3年日記って楽しかったんですよ、1年前の自分が何をしてたかが書いてあるので読みながら思い出したり、自分の心の成長を感じられたので。

ちなみに、私は自分のアウトプットはブログでやっていて、プラスで日記を書いたらキャパオーバーになるので書きません。

日記は今のところ毎日できていますが、それ以外の学習は予定があったりで実際には全部できない日もありますが、毎日やることが見える化されているだけで意識は変わると思います。
親が朝、今日やる分をセットしてあげて「今日もがんばろうね!」と渡すだけ。この自立ファイルの中身が終わったら自由時間だとわかっているので、ダラダラしながらもやってます。(勉強したくないとは言わせない、笑)
何事も習慣化させることが大切だと思います。ご飯の後に歯を磨くことを習慣化させたように、勉強することが当たり前だという親の雰囲気作りが大切。そのためには、親が子どものわがままを逃さないこと。「いいよ〜今日はやらなくても〜」と言うのは簡単です。子どもはサボりたい生き物ですから、うちもそんなこと言ったら天国です。
でも、私はそのやさしさのカードはなるべく切らない、子どものわがままは許さないと決めています。自立の妨げになるからです。
やるべきことをやれる環境を作ってあげるのがお母さんの役目です。わがままを許してあげるのは、パパやおじいちゃん・おばあちゃんで十分。
親の声が届かない年齢になってからはもうムリです。手元にいる&耳を傾けてくれる年齢までは5〜10年かかりますが、根気強く向き合っていきたいなと思っています。

子どものモノのお片づけについて動画アップしました。夏休みに小学生以上のお子さんは「親の買取システム」やってみてください!