SDGs(エス・ディー・ジーズ)という言葉をご存知ですか?ここ数ヶ月で多くの女性誌が取り上げています。

SDGsとは?
世界では、格差と貧困、人口増加、生態系を維持できないほどの大量生産と消費、気候変動など、さまざまな問題が立ちはだかっています。SDGs(エス・ディー・ジーズ)は、これらの問題を2030年までに解決することをめざした、世界共通の目標です。先進国も途上国も区別なく、「誰一人取り残さない」という理念のもと、一人ひとりが自分ごととして捉え、行動することが求められています。

https://seikatsuclub.coop/about/vision/declaration2030.html

子どもたちも小学校で習っているようで、話を聞いていると、学習の機会がない主婦より詳しいかもと思いました。

毎日小学生新聞2020年5月31日発行

SDGsの先にはサステイナブルな未来があります。エコナセイカツというブログを初めたのが2013年4月。7年間書き続けた記事は750本ほどになりました。ミニマリストという言葉すらなかった時代、当時エコを意識した発信をしていました。

一番最初の記事は画像もないブログでした

ご覧いただいてわかるように7年前は、私は不要なものをたくさん捨てました。捨てて捨てて捨てまくりました。ゴミ袋を見て、私はこんなにも不用品を持って暮らしていたんだと愕然とし、もうこんなゴミになるような不用品と一緒に暮らすのはやめようと誓いました。だから、7年たった今でもリバウンドなしです。
ゴミをたくさん出しおかげでスッキリ暮らしの新陳代謝ができました。

たくさんのモノを捨て、失敗を繰り返さないためにエコを意識し、少ないモノで暮らすことを心がけて暮らしをシンプルにしていったら下記のことに気づくことができました。

モノが少ないから、必要なものがすぐ見つかる=探す時間が減る
モノが少ないから、使いたいモノがすぐ決まる=迷う時間が減る
モノが少ないから、
余計な労力を使わなくて済む=家事時間が減る

私が7年もかけて失敗をしながら行き着いたのが、シンプルライフです。
シンプルライフを追求していくと、サステイナブルな未来に近づくし、SDGsも叶うんじゃないかなと。
さすがに②飢餓をなくそうのような大きな問題は難しいですが、主婦は日常の「買う・選ぶ」が多いから、⑪つかう責任つくる責任は私たち主婦が意識することで少しはSDGsに貢献できそうですし。

じゃあ具体的に私たちは何をすればいいの?ですよね。
私は「エコナセイカツ」を運営しているシンプルライフ研究家という立場なので、今までで多くのメディアでサステイナブルな暮らしについての取材を受けました。ちょこちょこ媒体に掲載していただいているので、全部をブログで紹介しているわけではないのですが、例えばマガジンハウスの「Hanako」では繰り返し使えるコーヒーフィルターを紹介しています。

普段なにげなく使っている消耗品を、繰り返し使えるものに変えていく

サステイナブルな未来を目指すために私たちができること。

たくさん捨てた先に見えたものは「捨てない暮らし」でした

生ゴミで肥料をつくるとか、雨水を再利用するとか、そんなハードルの高いエコな生活はできませんが、モノを買うときに、
①先のことまで想像してよりすぐったモノを選ぶ
②買ったら責任を持って最後まで使い倒す
この2つを意識するだけでもずいぶん「捨てない暮らし」に近づきます。
そんな身近ですぐできる「捨てない暮らし」実例集を取材していただき、本にまとめていただきました。

普段からシンプルライフを実践している心地よい暮らし研究会(ココ研)のメンバーも取材いただきました。

我が道ライフ大木さん 
【掲載のお知らせ】「捨てない暮らし」の実践者はシンプルライフのプロでした

ウチカラ宇高さん
心地よい暮らし研究会「捨てない暮らし」ムック本掲載のお知らせ

暮らしの美活 kokoさん
【ムック本「捨てない暮らし」掲載】心地よい暮らし研究会の「捨てない工夫」

本「捨てない暮らし」の中では、道具や家具をメンテナンスして長く使う方法、モノのお手入れ方法、古いコスメの再利用、衣類を長持ちさせる方法、食品ロスのふせぎ方などなど、サステイナブルな未来を目指すために主婦の皆さんに読んでいただきたい内容の本になっています。
ぜひお手にとってご覧ください。

ちなみに、私が食材の宅配をお願いしている生協の生活クラブのサブタイトルは「サステイナブルな人」つまり、生活クラブに入れば、勝手にサステイナブルな暮らしになっちゃいます。詳しくはこちら↓

生活クラブ2030行動宣言

生活クラブは新型コロナの影響で配給量が多くなってしまい一時期、新規の加入者の受付をストップしていましたが、現在は落ち着いたようで、今はご案内ができるようです。第二波が来るとも言われておりますので、気になる方は今のうちに資料請求しておいた方がいいと思います〜↓