実は、ずーっとフライパンをさがしていました。が、このたびフライパンの旅、終了です。先に結論を言ってしまうと、お気に入りになったフライパンはケユカ のものです。なんと1590円!

私は家の近くのケユカ(ショップリスト)で購入しましたが、オンラインショップはこちら↓

クリックするとオンラインショップに飛びます

フライパンの旅は長かった。以前は、ウー・ウェンパン使っていました。過去の本をご覧になっている方は、ご存知かと思います。1台7役で蒸し料理から炒めものまで使えて、多用途に使えるフライパンはすごく魅力的で長い間使っていました。私はたくさんのモノを持ちたくないので、これ一つあれば、蒸し器も、揚げ鍋も、茹で鍋もいらないし、このフライパン1つでなんでもできちゃう。サイトご覧になっていただければわかりますが、これ1つでほとんどの料理が作れるようになっています。

私はガス専用の24cmを使っていましたが、大きめ28cmやIH対応バージョンもあります。

しかし、使っているとフライパンのテフロン部分がダメになってきて、フタはまだまだ使えそうだったので、本体だけを何回かリピート買いしていました。本体だけ別売りってすごくいいのですが、ちょっと高い(笑)フライパン本体だけでも7000円近くするんですよ。気軽に買い替えられないお値段というか・・・

蒸し器つきの機能はとってもいいし、深めの中華鍋っぽい形も、炒め物がしやすいし、浅いフライパンよりも油の飛び散りも抑えられるし、すごく気に入っているんです。でも我が家は、フライパンの他、多用途に使いすぎて使用頻度めちゃくちゃ高いから、定期的に買い替えなきゃいけない・・(苦笑)

どうせ年1〜2回7000円という高額なお金を払うのだったら、買い替えずに済む一生大切に使えるような、フライパンがいいな、と思うようになりました。そっから私の新たなフライパンの旅がはじまったのでした。この数年で試したフライパンは数知れず。ウーウェンパン以降、特にフライパンの紹介をしたことがありませんでしたが、過去のインスタグラムや雑誌の誌面をよく見てみると、実にたくさんのフライパンを使ってきたことがわかります(笑)

某ブランド品、鉄のフライパン、お手軽な価格のものまで。ここ数年で結局10枚近くフライパン買いました・・・一生使えるような鉄のフライパンがいいなと思って買ってはみたものの、雑に使う私との相性は悪く結局ダメにしました。

どれも、しっくりこなくって。まぁまぁフライパンにお金注ぎ込んだんですけどね。。ウー・ウェンパンに勝てるフライパンはなかったという結論です。だから、ウー・ウェンパンのフタと蒸し皿はそのまま利用し、24cmの深型のフライパンだけを探すことにしました。西友、イトーヨーカドーのキッチンコーナーの安めのフライパンなど。少し重いかな、コゲ付きが目立つな、お手入れが大変だななどなど、買っては使ってみてというのを繰り返しました。

だから私、たくさん失敗してるんです、金額的にも全然ミニマムじゃない。ただ新しいものを買うときは古いものを捨てるので、スペース的にはミニマムで持ってるものは1枚でしたが。わたしの場合、失敗=ゴミになるわけなので、心が痛かったです。

調理道具というものお手入れをしながら長く使わなくちゃいけないという固定観念があったのですが、ある料理家さんが「仕事柄、使用頻度が高いので安いフライパンを買って定期的に買い換えるようにしている」という雑誌のコメントを拝見し、「そっか!その考え方でいいんだ〜」とわたし的には目からウロコだったんですよね。
ものは、使って初めて輝くから、使いにくいフライパンを何枚も持って保管しておくより、毎日ヘビーに使ってあげて、使い倒してあげて、新しいものを買い替えるって悪いことじゃないんだなって思えるようになったんです。

そこで条件的にもデザイン的にも一番しっくりきたのが冒頭に紹介したケユカのフライパンでした。1590円と安いから買い替えるときにお財布が痛くない、ダメになったら近所ですぐ変える安心感。手持ちのフタとピッタリサイズ。

ケユカ のフライパンはフタがついていないので、手持ちのウー・ウェンパンのドーム型のフタを。
フライパンなので焼くが一番得意!生活クラブの豚肉の味噌づけおいしいんですよ〜
深型ですが、餃子も焼けます。いい感じのコゲがつきます。
深型なので、茹でもできます。とうもろこし2本サイズ。
ウー・ウェンパンの蒸し皿を使って、蒸し料理も!肉まんもフカフカ。

今まで買ったフライパンの中で一番しっくりきてます!使ってみて改めて思ったのは、軽い!!!手首に優しい(笑)
ただ、やっぱり一生ものではないので、コーティングがダメになったら定期的に買い替えようと思います。そのときは同じものを。新しいものを探さなきゃいけないストレスからは解放されました。ほぼ毎日使って1ヶ月、やはり底が汚れてきました。

でもお手入れが意外とラクちんでした。クレンザーとコゲ落としスポンジでこすったらこの通り。

キッチンクレンザーはカインズのオリジナル品。完全にパケ買い。

ケユカのフライパンのいいところは、側面が黒っぽいからガス火のコゲが目立たないのがいいですよね〜
もしフライパンジプシーの方がいらっしゃれば、お安いのでケユカのフライパン一度チャレンジしてみてもいいかもしれません〜!

個人的には、ウー・ウェンパンがオススメで、その後買い替えるときに、本体だけケユカのフライパンがオススメです(笑)