雑誌「saita」掲載のお知らせ

現在発売中のsaita11月号に8ページ掲載していただきました。

「そこそこ家事」でココロが元気になる暮らし、という特集で、

家事で大切なのは、「頑張り」ではなく「割りきり」でした

という結論をお伝えしています。

WEBで少し立ち読みできます→「そこそこ家事」でココロが元気になる暮らし | saita.net

この取材を通して、なんでワタシはこんなにも家事が愛せないんだろう?という答えが出た気がします。

本誌に詳しく書いてあるのですが、家事よりもっと大切なことがあるからでした。

ワタシにとって「子育て」と「仕事」が何よりも重要でとても大切にしていること。だから家事に時間をかけるなんてもったいない!と思っちゃうんです。

同じ気持ちの方は、この「そこそこ家事」に共感していただけるんじゃないかなぁと思います。

編集担当者さんは独身の男性で、ものすごく一般的な、王道の考え方の持ち主だったので、取材時の反応がめちゃくちゃ笑えました。

編「お皿で目玉焼き焼くんですね。じゃあ卵焼きを作るときはどうしているんですか?」

マ「卵焼きは作りません。ってか、上手に作れないんです。色々道具が必要だし、卵焼きは卵料理の中で1番工程がめんどくさくないですか?」

編「えっ??、でもお弁当とか入れません?」

マ「ゆで卵でよくないですか?栄養は一緒ですよ」

とか、ハンバーグを作らないっていうことにも驚いてました。ワタシみじん切りが苦痛なんです。あとは、

編「三角コーナーってないんですね〜どうされてるんですか?」

マ「(シンク全体を指して)うちの三角コーナーはココですよ」

編「・・・えっ!?それって、どーゆーことですか?」

マ「(爆笑)とりあえず生ゴミっぽいのは、全部シンクに入れちゃって、最後にビニール袋にまとめて捨てるんですよ」

みたいな会話ばっかり。とにかく、そんな「どーゆーことですか?」というツッコミがものすごく多かったんです。

きっと、独身の男性にとっては想像もつかない光景なんだと思います。そんな家事の途中経過を見る機会なんてなかなかないからこそ、引っかかった部分をすべてをギュッと誌面にまとめてあります。

ワタシが編集の方に終始ぶっちゃけていた家事への向き合い方を、「そっと背中を押してくれる、マキさんの魔法の言葉」としてキレイに書いて下さってます。

「そこそこ」でも罪悪感がなくなる10のマジックワード

1.自分のキャパを超える家事はしなくていい

2.自分自身をもっとかわいがってみよう

3.「なんで私ばっかり!」と考えてもなにも始まらない

4.あれもこれもと欲張らない

5.ゆるいスタンスはストレスにも勝る

6.「意外とちゃんとしている」で十分

7.迷ったら自分がラクできるほうを選ぶ

8.私が幸せなら家族も幸せ

9.子どもは母の背中を見て育つ

10.家事が嫌いでも「それが何か?」

こんな感じで写真と一緒に説明書きがあります。

お二人ライターさんがいらっしゃったんですが、編集の方があまりにも衝撃を受け、この興奮を読者にお伝えしたいとライティングまでして下さいました。

独身男性編集者目線で書かれた家事に悩んでいる主婦解決法を誌面でご覧いただければと思います。

お近くのセブンイレブンまたは書店でお手にとってご覧いただければと思います。なんとワンコイン500円で送料無料。

ーーーー

先日生活のメモ Powered by ライブドアブログのあいこさんの新しい本と、フリーランスのお祝いにランチをしました。

ずっと前から第2弾の話を聞いていたので発売を楽しみにしていました。

今まで激動のフルタイム正社員勤務だったあいこさんが、今後フリーランスとして「ずっと、心地のよい暮らし」を追求していくことを決めました。

会社員からフリーへの転身は、すごく勇気のある決断だったと思います。

会社の仕事は、あいこさんじゃなくても代われる人がいるかもしれない。でもあいこさんの暮らしぶりはあいこさんにしか発信できない。ワタシも身近なお友達なので、たくさん影響を受けました。

あいこさんがコラボしたインナーはとっても着心地がよかったので、追加購入して2枚を交互に着ています。乾燥機に入れて乾かしても縮んだりもしませんでした!

ワタシのザツな感じと違って、あいこさんの暮らしぶりは本当にていねい。器用だから何でもできちゃう!いつもすごいなぁと思います。毎日、ゆとりを持ってていねいに暮らしたい方は「家事が好きになる暮らしの工夫」必見です。

“雑誌「saita」掲載のお知らせ” への13件のフィードバック

  1. ひまわり より:

    マキさん
    こんにちは。ミルクジャム、美味しそうですね!簡単そうなので作ってみます。
    saita読みました。普段からたいして頑張っていない私ですが、「よし、家事はほどほどに。」と納得しました(笑)
    ワンピース素敵ですね!トレンチコートのようでかわいいです。秋冬のファッションについて記事にして頂けたら嬉しいです。お忙しいとは思いますが…もしお時間ありましたらよろしくお願いします。

  2. econaseikatsu より:

    ひまわりさん
    こんにちは、コメントとリクエストありがとうございます!ミルクジャム普通の牛乳でも美味しくできるので、チャレンジしてみて下さい!
    saitaのトレンチ風ワンピースはネストローブのです。すごく着回しできるので気に入っています〜秋冬ファッションの記事アップしますねぇ。もうすっかり季節は冬のようですが(笑)

  3. econaseikatsu より:

    メルさん
    こんばんは、先輩ママさんからのコメント嬉しいです。
    高校生が2人いるなんて想像がつかないです〜自分が高校生の頃はお母さんのありがたみなんでこれっぽっちもわからなかったですし。。でもあと5年ぐらい経つと、家で食べることも少なくなりコンビニや学食、彼女とか未来の奥さんが作るご飯を食べるようになりますよねぇ。そのときメルさんのご飯を思い出すんじゃないでしょうか。
    うちの母は、最近弟が結婚して家を出たので、お父さんだけのためにご飯作る気になれないって嘆いています(笑)メルさんラストスパートですね。息子さんたちの舌にビンビン響く最後のプレゼントたくさんして下さいね!

  4. AYAKO より:

    マキさん、こんばんわ!
    saitaでキッチンの写真に写っていたおひつが素敵だな〜と思っていたところ、今週の生活クラブのカタログにすごく似た形のおひつを発見!というか同じ物?しかも、単なるおひつではなく、おひつになる炊飯鍋だなんて珍しい〜。値段も手頃だし、今持ってる陶器のおひつを買い換えたいなと思っていて、また炊飯鍋をなかなか買えずにいた私にとっては正に一石二鳥の品物で、思わず注文してしまいました〜!
    いい買い物ができたのが嬉しくて、またコメントさせていただきました(^^)
    マキさんも生活クラブで購入されたのですか?使い心地はいかがですか?
    届くのが今から楽しみです!

  5. なみ より:

    マキさん、はじめまして。本もブログもいつも楽しみに読ませてもらっています。
    このブログを読んで、どうしても雑誌の記事が読みたくなり、今日サイタを買いに行って、読ませていただきました。なんだか、涙が出そうになりました。。私は専業主婦なのに家事が苦手で時間がかかり、特に料理が苦手で毎日苦痛で、、 マキさんと同じく5歳差の姉妹がいるので、親近感もあり、参考にもなり、いつも見させてもらってるのですが、家事でいっぱいで、そのせいで子供の相手がおろそかになってることに罪悪感もあり、、
    でも、マキさんの言葉、私にとって一番なのは家事ではなく子育て!にハッとしました。 私もそうなのに、家事に悪戦苦闘して、一番大事なはずの子育てがないがしろになってて、、 もう、苦手な家事を頑張るより、子育てにもっとエネルギーを注ごう!と思えました。
    あと、料理が苦痛なので、ハンバーグを作らないとか、ものすごく共感してしまいました。ハンバーグなんて大変な作業するもの作りたくない!とずっと思ってますが、誰にも理解してもらえなくて言えませんでした。が、マキさんが、キッパリと宣言してくださって、肩の荷がおりる思いがしました。
    これからも、マキさんの意見をどんどん発信してください。救われる人がたくさんいると思います。これからも雑誌などでも拝見できるのを楽しみにしています。
    このコメントはマキさんも読んでくださるようなので、どうしても感謝の想いを伝えたいと思い、初めてコメントさせていただきました。長文になってしまい、すみません。

  6. econaseikatsu より:

    AYAKOさん
    こんにちは、ご無沙汰しています。
    炊飯鍋、生活クラブのカタログで注文しました。ワタシも安いし3wayだしビビビッてきましたーおそろいですね!慣れるまで色々火加減など時間調整に気を使いましたが、美味しいですよー

  7. AYAKO より:

    お返事ありがとうございます!
    マキさんとおそろい嬉しいです〜!やはり生活クラブでビビビッときたんですね(^^)飯ごうは卒業ですか?他では見かけたことがないので、見逃さず変えて良かったですー。火加減難しいのでしょうか?時々ビタクラフトの鍋で炊く時はそれほど難しくないので同じ感じでできると良いですが、早くコツをつかみたいと思います。
    また質問なんですが、クローゼットの子供用の白いハンガーは何処で購入されたものですか?種類バラバラなのでハンガー統一したいです。

  8. econaseikatsu より:

    なみさん
    おはようございます、コメントとっても嬉しいです!
    家事はワタシにとってメインじゃないから自分のさじ加減であえて手を抜いています(笑)
    きっとこの先、家事を丁寧にやりたいと思う日がくるかもしれませんが、しばらくは子どもと仕事に全力を注ぎたいので、家事は最低限にしたいんです。それが伝わってよかったです。
    ハンバーグを作る人は料理が好きな人ですよね。ワタシは料理が好きじゃないと認めて割り切ったので気持ちがラクになりました〜ハンバーグ作らなくても元気で生きていけますし(笑)

  9. econaseikatsu より:

    AYAKOさん
    おはようございます、コメントのお返事嬉しいです。
    はんごうより炊飯鍋のが簡単ですよ。そしてはんごうより柔らかく炊けます。
    火加減も何度もチャレンジしてAYAKOさん流をつかんで下さいね。きっと大丈夫です。
    子ども用のハンガーはニトリです。詳細リンク、昨日アップしたブログに載せました!

  10. AYAKO より:

    おひつになる炊飯鍋はまだ届かないのです〜。生活クラブは日用品や雑貨類の配達は特に時間がかかりますよね。ネット通販に慣れてしまうと待ち遠しくて仕方ありませんが、お楽しみが長く続くと思って気長に待ってます。炊飯チャレンジしたらまたお知らせしますね!
    子供用ハンガーのこと、早速記事にしていただいてありがとうございます!

  11. AYAKO より:

    すみません、ご挨拶が漏れました(汗)
    マキさん、おはようございます!

  12. econaseikatsu より:

    AYAKOさん
    いやいや、挨拶なんて抜けてて全然大丈夫です。気にしないでください。
    そうなんです、あれはネットでも売ってなくて生活クラブのカタログを見て買ったのですが、届くまで3週間ぐらいかかったような。忘れた頃に届きましたー(笑)
    炊飯鍋で新米炊くとめっちゃ美味しいですよ!

  13. AYAKO より:

    おひつになる炊飯鍋やっと届きましたー!
    で、さっそく付いていた炊き方の紙を見ながら炊いてみたところ、結構いい感じに炊けました〜!味の違いが分かる夫に今まで鍋で炊いたご飯を出してもいまいちの反応で悔しかったのですが、今回は「よく炊けてるね」と褒められ、買った甲斐がありましたー^_^コンパクトで場所を取らないのも良いですね!ただ我が家の場合、家族5人の一食分がちょうど2合なのでカレーの時は足りないし、子供達がもっと食べるようになったらやっぱり大きな炊飯鍋が欲しくなりそうですが、しばらくはこのおひつ兼用で充分かな。(炊飯器はやっぱり手放せませんが…汗)
    説明書だと、とろ火13分で沸騰してから10分むらし15分…沸騰までの時間を短縮したいですが、マキさんはどんな感じで炊かれていますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です