「母から子に伝えたい 持たない四季の暮らし」発売のお知らせ

本日発売となりました「母から子に伝えたい 持たない四季の暮らし」の制作秘話をお伝えします。

河口湖の桜、キレイでした。

日本の自然と四季の美しさを子どもに伝えるにはどうしたらいいだろう?

難しく考えずに、もっと地に足つけた暮らしの中で、子どもたちに伝えられる方法はないかな?と試行錯誤し、行き着いたことをこの本にまとめました。

この本への想いは、撮影も終わって、どんな言葉でまとめようかなと原稿を書いているときにようやく答えが出ました。

あぁ、ワタシが母から学んだこと、そして子どもたちに伝えたかったことは「生きる術(すべ)」だったんだなぁと。

いつか子どもたちはワタシの元を巣立ってしまうときがくる。

そのときに、生きる力を持っている人であってほしい。

生かされているのではなく、意思を持って生きる人。

ワタシが子育てをするうえで大切にしたいことはこれだ!と気づいたのです。

きっと、お勉強ができることや、本を読むのが好きなこと、ママのお手伝いをしてくれること、お片づけができるようになるのはスゴイかもしれない。

でもそのおおもとの「楽しんで生きること」を貪欲に感じる力をつけてあげたいと心の底から思ったのです。

本が好きになるように、毎日読み聞かせをすることも大切、家事を覚えられるよう洗濯物のたたみ方を教えることも大切。

でもそれよりももっと本質的なこと、例えばポジティブにとらえられる力だったり、自分で考えて行動できる力を身につけることさえできれば、「楽しく工夫して生きること」ができるんしゃないかなぁと思います。

だから自立してしまう前に、純粋な心で寄り添ってくれるうちに、暮らしの中でさりげなく「生きる術」を伝えていきたい。

春夏秋冬12ヶ月の暮らしを、親子で楽しめるように、それらを毎年繰り返すことで親子の強い絆と、あたたかい母の記憶を残してあげられたらいいなぁと思いました。

色々本を出してきましたが、また少し違ったカタチで想いを伝えられたんじゃないかと思います。

今回の本は少し大きめです。

去年の今頃は4冊を同時進行で進めていて、撮影期間とかはまぁまぁしんどかったのですが、それがかえって4冊の全体を見ることにつながり、内容のかぶりを避けられたなぁと感じています。

6月をチラ見せ。

おかげでカメラマンさんに頻繁に会うことになり、違う本の撮影の日なのに、この四季の本のこのカットだけ撮っておいて下さいとか、ちょこちょこやっていたので季節物の写真を抑えられたというか、すごく協力して下さいました。

制作サイドでは、ライターさんは入れず、すべて自分で書いた文章なので、ブログをそのまま読んでいるような感じかと思います。

はじめに、あとがき はこちら。

www.econaseikatsu.com

www.econaseikatsu.com

ーーーー

NHK文化センター京都講座&母から子に伝えたい 持たない四季の暮らしサイン会が無事終了しました。

きてくださった皆さま、本当にありがとうございます!!

生の声を聞く機会はなかなかないので、お話ができて嬉しかったです。

そして京都ではオススメして下さったお店でランチ&晩ごはんを食べました。

ランチ:隈本総合飲食店 MAO(四条烏丸・烏丸御池/居酒屋) – ぐるなび

晩ごはん:閻魔堂(四条烏丸・烏丸御池/居酒屋) – ぐるなび

ハズレなし、どれを食べても本当に美味しかったです!

京都特集が掲載されたクロワッサン特別付録の風呂敷を母にあげたら、輪っかを買ってきて、バッグにアレンジしていました。さすがだなーと感心しました!

書店でお手にとってご覧いただけると嬉しいです!
よろしくお願いします。

“「母から子に伝えたい 持たない四季の暮らし」発売のお知らせ” への14件のフィードバック

  1. totokamomepan より:

    マキさん
    昨日手元に届きました~!Amazonで予約して、楽しみに待ってました♪
    本当に、マキさん、素敵です。
    私も、子どもたちに貪欲に人生を楽しむ力、母として身に付けさせてあげたい。
    こんな風に、お母さん自身が暮らしの一つ一つを心から楽しんでいる姿を間近で見られるほど、子どもたちの育ちにとって素晴らしいものはないと、思います。
    じっくり、楽しませて頂きますね♪
    そして、また、ブログでご紹介させてください♪

  2. かりこ より:

    マキさんの大ファンです。店頭に並ぶと同時に本屋さんに駆け込みました!
    私も5歳と2歳の姉妹の母です。一緒に手を動かしたり自然と触れ合ったりする体験で、丁寧に愛情を伝えていらっしゃるマキさんを見習い、今年は月の初めにページを読み返して、できることを真似してみたいと思います(^^)
    素敵な本をありがとうございました!

  3. econaseikatsu より:

    ナナホシさん
    こんにちは、予約して下さりありがとうございます!
    お手元に届いたのですねぇ〜子育てに正解はないので、ワタシオリジナルで日々進歩していけたらと思っています!
    ナナホシさんの書評、楽しみにしていますー^ ^ドキドキ。

  4. econaseikatsu より:

    かりこさん
    こんにちは、コメントと新刊をお読み下さありがとうございます!
    5歳と2歳のお子さんなら目をキラキラ輝かせて色々取り組んでくれるはずです!取り入れていく中でかりこさんオリジナル育児が見つかると思っています^ ^

  5. みつる より:

    マキさん、こんばんは。
    予約していた新刊が昨日届きました。
    子ども達が寝静まったので、やっとパラパラとですが本をみていました。マキさんもお子さん達も、マキさんのお母さんも… 皆さんとてもステキな表情・笑み満開で、それだけで癒やされてあたたかい気持ちになります。これから家事の合間や自分時間を見つけて、じっくりと読みたいと思います。
    ちょっと眺めただけですが… 改めて、私も子ども達に温かい目で・笑顔で接し、ホッとできる存在でありたいと思いました。
    マキさんからはまだまだ学ばせてもらいます…。

  6. yasuka9981 より:

    マキさん、京都講座ではありがとうございました(*^^*)あぁーー私が写っておりますw
    あっという間の時間でした~本当はその後の予定がなければサイン会にも参加したかったです( ノД`)シクシク…
    実際にお話しを聞いてみて、マキさんは思い切りがいいんだなぁと感じました。潔いというか。
    それと旦那さんのお話も聞けてブログからは分からない旦那さんの人間性が垣間見れて楽しかったです♪
    お手紙もありがとうございました!
    またブログの更新や今後の活躍を楽しみにしています( *´艸`)

  7. より:

    こんにちは。いつも読ませて頂いてます。質問ですが、お味噌をマキさんのブログを見て作ったのですが、黒い点みたいなのがありカビかなと思います。取って捨ててますがそのまま置いておいていいですか?今1月位なのですが

  8. SAYA より:

    マキさんこんにちは〜〜
    マキさんの本を何回も繰り返して勉強しています!
    お母さんと共有して、会話の話題でよく話しています(*・∀・)!
    マキさんの本を見るたびにいつもワクワクします♪
    新しい本も凄いワクワクして楽しみです*
    マキさんの本を花嫁道具として大切にしますね(*・∀・)!

  9. えん より:

    こんにちは。
    遅れてしまいましたがこれから購入して読ませていただきます。
    記事を読んで、心ががほっこり温かくなるような本なのかなと感じました。
    今までと違ったタイトルや表紙もいいですね。
    楽しみです。

  10. econaseikatsu より:

    みつるさん
    こんにちは、横浜ではありがとうございました。
    そうです、この本はゆっくりページをめくってもらいたい本なので、一気に読まずに毎月楽しんでもらえたら嬉しいです。心に余裕を持つことができればいつでも笑顔になれるはずです!

  11. econaseikatsu より:

    yasuka9981さん
    こんにちわ、京都ではありがとうございました!時間押してしまってゴメンなさい!うちのオット、笑っちゃいますよねー!おちゃめなんです(笑)小6だと思えば可愛いもんですー
    またお会いできるといいですね!

  12. econaseikatsu より:

    妙さん
    こんにちは、コメントとご質問ありがとうござます。
    味噌は空気が触れているとカビが出ます。黒カビは取り除き、暗い場所にしまいなおしてくださいね!
    ジップロックでも少量の味噌作れましたが、味噌は大量に作った方が深みが出て美味しいなーと感じました。参考になれば嬉しいです!

  13. econaseikatsu より:

    SAYAさん
    こんにちわ、本お読みくださって嬉しいです。しかもお母さんとの会話に出てくるなんて(照)
    ワクワクがお届けできて光栄です!!!今回の本は、お母さんも楽しめると思うので、たくさん話題に出してくださいね〜♪

  14. econaseikatsu より:

    えんさん
    こんにちわ!コメントありがとうございます。
    今回の本はとってもゆっくり時が流れている感じがします。ぜひほっこりふわふわしていただければとっても嬉しいです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です